ブログ

車椅子フェンシング、車椅子のレギュレーション

車椅子フェンシングについて学び始めたのですが、意外とネット上で車椅子のレギュレーションが出ていないので大体のレギュレーションを残しておくために書いています。(平成28年3月9日)

 

座面フレーム(座面に利用する非鉄金属の上限)の高さ

 

【53cm以下】

 

クッション

 

IMG_6452[1]

【厚さ10cm以内】でクッションは【折り曲げられる物】で無ければいけない。

座面までの高さはフレームと合わせて63cm以内になりますね。

 

背もたれフレーム高さ

 

クッションから15cm以上 絶縁素材で無くてはいけない(パイプが絶縁出なければ、絶縁できるテープを巻けばよい)

 

側板

IMG_6453[1]

 

人が座ったクッションの上から高さ10cm以上、幅20cm以上を出す。 剣を持たない方のみにつけること。

 

 

持ち手

 

表面が絶縁素材であること。つける位置は自由。付けなくても良い。

 

タイヤ

 

クッションよりも若干出る程度に収める。(防御用になってはいけない)

 

以上、車椅子フェンシングの車椅子のレギュレーションでした。

こういった、基本が広まればより多くの方が始めるきっかけになるかな?と思っています。

これからも製作者目線で記事を書いていきます!

 

車椅子フェンシングに関しては→車椅子フェンシング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 快適RACREC
  2. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ
  3. シットスキー
  4. 車椅子用ドリンクホルダー:カラーバリエーション
  5. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  6. スポークカバー
  7. 機能性を追求したカスタム車椅子
ページ上部へ戻る