コラム

  1. 健康とはを、ふと考えました。

    昨日、昔車椅子を作った方からお電話をいただきました。最初にお会いしたのは5年前、軽くて自分で乗せ卸がしやすい安定した車椅子を作りたいとその時は要支援1 杖を突いてゆくり歩かれていました。5年前は、車いすを納品してひとまずお仕事終了でした。

  2. 台所で一緒にお料理できちゃう立位保持装置!スタンミィ

    車椅子で有名なMikiさんから立位保持装置が発売されています。そのコンセプトが非常に面白いので記事にします。

  3. タウニージョイX+やジョイユニットX+に空気を入れる!

    さてさて、 タウニージョイX+やジョイユニットX+に関して、今までに2回お問い合わせをいただいたのでこの記事を書こうと思いました。 それは単純に「タイヤに空気を入れるにはどうしたらよいでしょうか!」と言うお問い合わせです。

  4. ロホクッションの悩みを解消!

    ロホクッションとても優秀な褥瘡予防のクッションです。ただ、その扱いに関しては、むつかしい方もいらっしゃいます。特に多いのが空気を入れすぎている方が多いです。空気量が多いと耐圧分散力低下と乗っていてポンポン方だが揺れてしまうというデメリットだらけになります。

  5. タイヤの空気が減っているまま利用すると・・・。

    みなさんこんにちは! 珍しいですが、タイヤのパンクの原因の一つに、空気が減ったままで利用することによりタイヤとチューブがこすれやすくなり摩耗してパンクしてしまうことがあります。

  6. 【新しい車いすを作りたい】でも迅速修理で行くことにしました。

    先日、新しく車いすを作ってほしいと連絡をいただきました。 実際にお邪魔すると体幹の機能がみるみる落ちているとのことで、右に大きく傾いて座られているお客様がいらっしゃいました。ひとまず姿勢保持をどのようにするかをご家族・PTの先生を交えて検討。

  7. 起立を補助してくれるクッション

    椅子からの立ち上がりをサポートしてくれるクッションはいくつか出ていますが。どれがいいのだろうか・・・。と正直思っています。弊社のように座クッション自体を作っていると、改造してそういった形状にしやすい既製品はどれだろうか?とかそんなことも考えちゃいます。

  8. 頸椎損傷の車が廃車になったら・・・。

    北海道では、頸椎損傷の方も車に乗って一人でお出かけする方が結構います。なぜならば公共の交通機関が整ってはおらず、一般的にも車で移動する方が大半なのです。そんな中、不慮の事故で車が廃車になったら・・・。

  9. ユニキャリが旭川市の日常生活用具・移動移乗支援用具で認められました。

    ユニキャリ! Lee製作所さんが製造している、抱っこやおんぶが楽に簡単に安全に出来ちゃうアイテムです!入浴の時に使ったり、普段の移動に使ったり、トレッキングに利用したりしている方もいらっしゃいます。

  10. 電動車いすについて勉強・・・え!激安!激軽!

    福祉用具の勉強をしていたら凄い製品を見つけました。 結論から言うと、これは日本では売れないだろう。という製品でしたが・・・。でも、一理あると思うのでどんなものだったかお知らせです。 発見したのは””車いす””です。

車椅子背中クッション オーダーメイド
車椅子 

▼タップで通話できます。
電話でのお問合せ ☎01-234-5678 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

ページ上部へ戻る