ブログ

タイヤの空気が減っているまま利用すると・・・。

みなさんこんにちは!

 

珍しいですが、タイヤのパンクの原因の一つに、空気が減ったままで利用することによりタイヤとチューブがこすれやすくなり摩耗してパンクしてしまうことがあります。

この症状でパンクしてしまうと、チューブ全体が薄くなっており、いつパンクしてもおかしくない状態です。

ですので、残念ながらチューブ交換がおすすめです。

 

また、別の症状が出ることもございます。

例えばチューブが空気バルブのあたりで重なりうまく空気が入らなくなったり微妙にタイヤの形が変化してしまったり。

リムうちと言ってリムにチューブがつぶされて穴ができちゃったりもします。

 

そんな悪いことずくめな空気圧放置!

ぜひ定期的に空気を入れていただければ幸いです!

※修理してから記事にしようと思い立ちまして・・・。なので写真がありません。 伝わるか!!!
いずれにしても空気を定期的に入れてください!ということです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. おしゃれや個性を出したい方のスポークカバー
  2. シットスキー
  3. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  4. 快適RACREC
  5. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ

最近の記事

ページ上部へ戻る