車椅子、補装具製作事例

  1. 検証!お財布が入るか!COMポーチも大きさ変更できます!

    COMポーチ! お財布とかスマホとか入れるのに便利なのです!とはいえ、自分のお財布がちゃんと入るのかな? 寸法を見るだけでは不安ですよね!今回お客様より幅9cm×高さ11㎝×厚さ4.5cmのお財布だとちょっと既存のサイズだと心配ですとご質問をいただきました! ...

  2. COMドリホル・大き目スマホも入ります!

    ちょっと大きめスマートフォン!お客様から高さ15㎝×幅7.5㎝×厚さ1㎝のスマートフォン用にCOMドリホル利用したいとのことで!段ボールで疑似スマホを作ってみました!段ボール5㎜の×2枚を合わせて端をマスキングテープでデコっただけですが~。

  3. 姿勢保持は一日にしてならず。

    姿勢保持と一言で言っても本当に深い世界です。その世界を実例でほんの少しご紹介できればと思います。 姿勢保持とは〇筋力が弱い方の姿勢を保つためのサポートを行い姿勢を作る。〇緊張の強い方の緊張を極力取れる姿勢を作る。

  4. 気になる!!佐渡トキマラソン大会!!

    先日このホームページの一つの記事に気になるマラソン大会についての書き込みがありました!!記事はこちら→レーサーは買えないから普通の車椅子をいかに早くするか! いただいたメッセージの引用ですこんなところに、自分の書きこがあったなんて・・・忘れてました(^^;)。

  5. タウニージョイX+やジョイユニットX+に空気を入れる!

    さてさて、 タウニージョイX+やジョイユニットX+に関して、今までに2回お問い合わせをいただいたのでこの記事を書こうと思いました。 それは単純に「タイヤに空気を入れるにはどうしたらよいでしょうか!」と言うお問い合わせです。

  6. ロホクッションの悩みを解消!

    ロホクッションとても優秀な褥瘡予防のクッションです。ただ、その扱いに関しては、むつかしい方もいらっしゃいます。特に多いのが空気を入れすぎている方が多いです。空気量が多いと耐圧分散力低下と乗っていてポンポン方だが揺れてしまうというデメリットだらけになります。

  7. タイヤの空気が減っているまま利用すると・・・。

    みなさんこんにちは! 珍しいですが、タイヤのパンクの原因の一つに、空気が減ったままで利用することによりタイヤとチューブがこすれやすくなり摩耗してパンクしてしまうことがあります。

  8. 【新しい車いすを作りたい】でも迅速修理で行くことにしました。

    先日、新しく車いすを作ってほしいと連絡をいただきました。 実際にお邪魔すると体幹の機能がみるみる落ちているとのことで、右に大きく傾いて座られているお客様がいらっしゃいました。ひとまず姿勢保持をどのようにするかをご家族・PTの先生を交えて検討。

  9. 起立を補助してくれるクッション

    椅子からの立ち上がりをサポートしてくれるクッションはいくつか出ていますが。どれがいいのだろうか・・・。と正直思っています。弊社のように座クッション自体を作っていると、改造してそういった形状にしやすい既製品はどれだろうか?とかそんなことも考えちゃいます。

  10. YAMAHAさんから新デザインのスポークカバー登場!

    YAMAHAさん最近とってもおしゃれですよね!車椅子ピアスのJWバージョンとかもとってもおしゃれです!!→デコ杖・コムそんな中スポークカバーも新たなデザインが追加されましたよ!こないだ弊社に来てくださった営業さんのお話だと、今回は女性のイラストレーターさんがデザインしたようです。

車椅子背中クッション オーダーメイド
車椅子 

▼タップで通話できます。
電話でのお問合せ ☎01-234-5678 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

ページ上部へ戻る