ブログ

障害者雇用はこれから加速間違いなし!総社市から学ぶ!

障害者雇用…

この事に関しては、どこの市町村も苦手意識が強いかも知れませんね。

しかし、合理的配慮を一つづつ積み重ねていくと、障害者雇用が進んで、どんどん雇用が加速すると感じる記事に出会いました。

その記事に出てきた町がこちら!

岡山県総社市(そうじゃし)

総社市ホームページ

人口は68,000人 内3,152人が障害者

さらにその内18歳から65歳未満の就労年齢の障害者は1,187人と言う都市

総社市流

チャレンジするまち、これが総社流だ!!

の画像の左下の障がい者就労数が凄いんです!!!

 

まず、H23は一般就労250名 福祉的就労170名合計420名

h23就労人数

ここからたったの4年で

一般就労517人 福祉的就労367人 合計884人

h27就労人数

なんと、総社市は障がい者の43.5%が一般就労しています。

そして福祉的就労(就労支援・就労AB)もあわせると74.5%が働いているのです。

これは驚異的な数字です。

 

sichou_situ_top片岡市長が障害者1000人雇用という政策を打ち出して、有言実行でここまで来ています。

いいことばかりではないにしても、企業間の口コミなどで企業理解が深まていいるそうです。

 

他にも、障害者の孤独死問題も、アパートを3つ借りて、2人一部屋で6人住めるような形にしたりなど、斬新な取り組みが光ります!

冗談ではなく、安心して親が先に逝ける社会って凄いなと思います。

 

私の愛する旭川市も、数値的には全国的になかなか高いのですが、残念ながら足元にも及びません。

旭川市のデータ下記のとおりです。(数値、%は総社市と比較しているものが違うのでえお間違えの無いよう)

雇用図

法定雇用率を旭川市はほぼクリアしてデータ的にはなかなか良く見えるのですが、これってもともと国が出している目標が

低いだけであって、総社市から比べるとかなり低い数字です。

私としては総社市が羨ましい限りですが、これから羨まれる旭川にしていきたいですね!

 

私がとても良い記事だと思ったのは、こちら→東洋経済ONLINEの記事

 

必ずお読みください!!!(切実)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 機能性を追求したカスタム車椅子
  2. 車椅子用ドリンクホルダー:カラーバリエーション
  3. COM泉屋オリジナルドリンクホルダー 掘り出し物!(車椅子用)
  4. スポークカバー
  5. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  6. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ
  7. 快適RACREC
  8. シットスキー

最近の記事

ページ上部へ戻る