問題提起

  1. 困っていそうな障害者を見かけたら、まずは素直にそのまま声をかけてほしい!

    最近思うのが、障がい者の社会参加が進んできて、見かけることが多くなりましたよね。そんな今だから、このコラムを読んでいただきたいと思い書きました。 まずはお客様から伺った小話を一つ車いすユーザの方で、いつものように銀行に行ってATM操作。

  2. 10月は臓器移植普及推進月間!

    フェイスブックを見ていて、こういう決断凄い!!と思った事があり広まればいいなと思いましてコラムを書きました。 今年は臓器移植法が施行されてから20年だそうです。 7年前(2010年)から15歳未満の脳死判定された人からの臓器移植が認められたそうです。

  3. 今だからエスカレーターの事故を前向きに考えたい。

    このコラムを書いた理由”車椅子でエスカレーターは危険だ”、という方が大多数いる事に驚いた。車椅子について、知らない方たちが想像で発言されているのにもビックリしました。一方で、車椅子でも安全にエスカレーターに乗れる人もいるのに、、、とも思いました。

  4. 直球問題提起!! 介護リフト編

    介護リフトあると便利です!昔、手動の介護リフトが出た当時は値段が大体20万弱でした。リフトを上下するときは、クルクルとレバーを回すのですが、介助者の手首や肘にダメージが来るということがわかり、今ではそういった製品は一つも見なくなりました。

  5. バギータイプ車椅子!?理解を深めよう!!

    電車等でベビーカーと勘違いされ「折りたたみなさい」「ベビーカーにはスロープ出せません」等理解不足による悲しい出来事・・・それがいやで外に出かけるのがいやになってしまう事がおきています。

  6. 電動車いすはリチュウムイオンバッテリーがおススメ!!

    補装具制度でリチュウムイオン認めて!と思っている事を皆さんに広く知っていただきたいコラムです。 結論から言うと、補装具制度で認められていないリチュウムイオンバッテリーを利用すると行政のふところ事情もアクティブユーザーにもメリットが有る。

  7. 障がい者スポーツは余暇スポーツの普及が一番大切!!

    障がい者スポーツについて知っていただきたいことがございます。障がい者スポーツ=アスリートスポーツと勘違いされていることも多く、さらにいうとアスリートスポーツ以外にはドラマがないと言う風潮も見え隠れします。しかしそれは視点がずれていると私は思います。

  8. 補装具業者の目線で見る、特殊マットの問題提起!

    (平成28年2月25日現在 多くの市町村の問題)今回は日常生活用具の特殊マットについて書かせていただきます。特殊マットは旭川市では20,160円までが助成の対象で、通常の所得だと9割の助成、低所得だと10割助成されます。

  9. 補装具業者の目線で見る、歩行器制度の問題提起!

    (平成28年2月9日現在 北海道の問題です)私は、歩行器を利用したい少数の人が、基本的人権から大きくかけ離れているように思えてなりません。

車椅子背中クッション オーダーメイド
車椅子 

▼タップで通話できます。
電話でのお問合せ ☎01-234-5678 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

ページ上部へ戻る