ブログ

OXエンジニアリングの子供用車椅子が進化しました!

OXエンジニアリングと言えば、トップアスリートが乗っているテニス車、レーサーそして、常盤貴子さんが乗っていた車椅子は
爆発的に売れたメーカーさんです。

大人用はフレームの左右が歪む仕組みを取り入れており、道路との追従性が良くなり直進性が増すなどの利点がある車椅子を作っています。
また、私がこの業界に入った時、かっこいい車椅子はOXさんだけが作っていました。 カタログを見てかなりの衝撃を今でも覚えています。
(出典:OXホームページ)

 

そんなOXさんの子どもモデルのご紹介です。

miniNEOシリーズと言う名前でおなじみのモデルですが、なんとワイドフレームが加わりました!

いままでより、足部が座幅に対して【左右で4cm】広くなっています。

Exif_JPEG_PICTURE

ワイドフレーム

実はこれかなり待ちに待ったバージョンアップなんです。 今までOXさんの車椅子のネックは足がこじんまりしてしまって、広げることが出来なかったんですよね。それが出来るととってもうれしいのです!

 

各部パーツもさすがのこだわり。

特に気に入っているのが、高さ調整の持ち手部分(グリップ)。

Exif_JPEG_PICTURE

高さ調整式のグリップ

高さの調整だけではなく、横向きにも出来るので、片手で押したい時に便利なんです。 しかも独自のクランプにより、しっかりととまってくれます。

Exif_JPEG_PICTURE

横向きにすると片手で操作しやすくなります。

Exif_JPEG_PICTURE

このクランプのおかげで横向きにしてもしっかり固定できるんです!

 

足踏みブレーキ

Exif_JPEG_PICTURE

フットブレーキ

しっかりブレーキをかけてくれる優れもの。単純な仕組みなので、壊れずらいのもうれしいですね!

 

○子供用は介助者も利用することが多く、OXの利点であった自走時の道路の追従性をやめ、フレームを歪みづらい形状にしています。

Exif_JPEG_PICTURE

子供用のしっかりとしたエックスフレーム

 

○キャンバー角が4°つけられると言うところも見逃せませんね。 小さいから出来ると言うことも有りますが、通常は2度か3度です。 角度が大きくなるとその分車椅子の全幅が大きくなってしまいます。
しかし、まだ身体が小さいと言うことは、車椅子の全幅もまだまだ小さいのです! ですので4°でも問題ないんですね!

キャンバーは自走の自由度がアップしますし、安定感も増すので安全性も高まります!

 

このMiniNeoシリーズですが、補装具制度にある程度納まるように金額設定をしているスクールと言うパッケージがあります。
学校でのおしゃれで楽しい生活に一役買ってくれるでしょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  2. 快適RACREC
  3. スポークカバー
  4. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ
  5. シットスキー
  6. 機能性を追求したカスタム車椅子
  7. 車椅子用ドリンクホルダー:カラーバリエーション
ページ上部へ戻る