ブログ

車椅子用雪面用補助用具ホイールブレード!!

車椅子vs雪!!

ここ数年、車椅子の方が外で元気に活動されていますよね。

そんな中、便利なさらに元気になれるアイテムをご紹介いたします。

(出典:オットボックジャパンホームページ)

 

車椅子が雪の上で動かなくなってしまう原因は小さなキャスターです。

大体がフロントについている3~6インチのキャスターが雪に引っかかって動かなくなるんですよね。

そういった時はウイリーをして自走される方もいらっしゃいますが、ウイリーをずっと続けるのも大変ですし速度が遅くなってします。

また、介助者の方がウイリーを維持するには腰に大きな負担がかかります。

そういったことが軽減できるのが、このオットボック製のホイールブレードです。

 

 

装着方法(オットボックホームベージより抜粋)

ホイールブレードの装着方法①

①準備

あらかじめキャスター径に合わせてホイールブレードの幅を調整しておきます。

ホイールブレードの装着方法②

②位置合わせ

ホイールブレードをキャスター前方近くに置きます。

ホイールブレードの装着方法③

③取付け

少しだけキャスター上げをし、ホイールブレードの上にキャスターを乗せます。(もしくはキャスター下にスライドして入れます。) ※この際、介助される方がいる場合は転倒の危険などを避けるために介助をお願いしてください。

ホイーホクランプをロックしたら完了です。イールブレードの装着方法④ルブレードの装着方法④

④完了

レバーを上げ、クランプをロックしたら完了です。

 

取り外しもレバーを上げ下げするだけなのでとっても簡単です。自走する方が取り付けたりも可能です。※障害の程度による

ある程度雪が固まった場所などはスイスイ進むと思います。

新雪が沢山降った所は厳しいですが、そんな雪の降る中に外に出る人も少ないですよね。

 

キャスターは大体3インチ~7インチくらいの大きさのものに取り付け可能です。

また、キャスターの幅も20mm~60mmと、ほとんどの物に取り付けられるようになっています。

 

補助金(補装具制度)

このホイールブレード、北海道では補助金(補装具制度)の対称になる市町村がほとんどです。

日常生活用具の移動支援用具に当てはめた市町村もございます。

詳しくは→補助金(補装具制度)

 

最後は動画をご覧ください!ドイツ語でしょうかね?しゃべっていることは分かりませんが。映像だけでもどういった製品か分かりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 快適RACREC
  2. 機能性を追求したカスタム車椅子
  3. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  4. スポークカバー
  5. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ
  6. 車椅子用ドリンクホルダー:カラーバリエーション
  7. シットスキー
ページ上部へ戻る