ブログ

困っていそうな障害者を見かけたら、まずは素直にそのまま声をかけてほしい!

最近思うのが、障がい者の社会参加が進んできて、見かけることが多くなりましたよね。

そんな今だから、このコラムを読んでいただきたいと思い書きました。

 

まずはお客様から伺った小話を一つ

車いすユーザの方で、いつものように銀行に行ってATM操作。

しかし、ゆっくり立ち上がり操作されるので、心配になった方が

銀行の職員を呼んでくださっちゃったそうです。

職員さんが
「大丈夫ですか!」

と慌てて来たそうなのですが、

もともと助けは必要ないので。
「大丈夫ですと」

そして、職員さんを呼んだ優しい方?はどこかに立ち去られていたそうです。

できれば、直接
「お手伝い必要ですか?」

として聞いて欲しかったと言うお話。

 

困っていそうな方を見かけましたら声かけしてください!

「お困りですか?」

「お手伝いしましょうか」

視覚障害の方なら

「どこまで行かれますか?ご一緒しましょうか?」

等、困っていそうなことを、素直に聞いていただければと思います。

もちろん忙し方もいらっしゃるので、そんなときは仕方がないです、お互い様かと思います。しかしよく考えてください!

その数秒が数分が急いでいるって本当に言えるんですか(悪)

と一呼吸考えて紳士淑女的に考えてみてください。

 

ということで、いつも通りというよりいつもより短いコラムを終わります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポークカバー
  2. シットスキー
  3. 快適RACREC
  4. 車椅子用ドリンクホルダー:カラーバリエーション
  5. COM泉屋オリジナルドリンクホルダー 掘り出し物!(車椅子用)
  6. 機能性を追求したカスタム車椅子
  7. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  8. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ

最近の記事

ページ上部へ戻る