ブログ

レーサーは買えないから普通の車椅子をいかに早くするか!

さて、ざっくばらんなタイトル失礼いたしております。

レーサーと普通の車椅子のスピードは段違いですが、普通型の車椅子だって十分に走る事が可能です!

と言うことで、この後に書く事はすべて自己責任の上で、チャレンジしてください。 くれぐれも怪我の無いように注意をしてください。

スポーツは危険と隣り合わせですからね。脅しではなく、本当に安全を確保できるよう無理なく楽しくマラソンを楽しめるように準備をしましょう!

よほどの自身が無い限りは、近くの業者さんで作業をしてもらうようにしてください。

 

まずはレーサーの値段
今日本で購入できる一番低価格なレーサーーはMikiさんのスピードッキングⅢ 35万くらいで購入できます。

って、35万・・・弊社の営業者のセレナ(商用車に変更済み)が買えます(汗)

もちろんスポーツ用の車椅子には助成もありませんので全額自己負担になります。

なので、多くの車椅子ユーザーは日常利用している車椅子のままでマラソン大会に出場します。

因みにレーサー禁止と言う大会も有りますのでその場合は逆に日常用の車椅子で争えるので楽しいですよね。

脱線しますが、旭川のマラソン大会も今までのコースであればレーサーは厳しいですが日常用の車椅子であればエントリー可にしてもらいたいですね!

 

さて、ではどんなところに気をつければいいのでしょうか。

1、キャンバーは有った方が良い!

キャンバー角2°とかでも有るのとないのとでは段違いです。機種によっては3°とかもつけられる機種が有りますよね。
写真の車椅子は、キャンバー角を変更できるアタッチメント快適RACRECと言う製品がついています。
普段は0°とか3°とか、スポーツをする時は12°にキャンバーをつけることが出来るので、カーブの多いコースであればお勧めです。

 

2、キャスターの大きさ、太さは!! これは非常に難しい問題!。


幅の広い屋外用キャスターだと地面との設置が多いため早く走れません。細くて硬い方が望ましいです。 また、キャスターの径は小さいほうが、スピードを出してもブルブルしづらくなります。 しかし、ちょっとした石やガタガタにつまづきやすくなってしまいます。
ご自身の身体状況を加味して、安全なところから徐々にキャスターを小さくしていくと言うのがよいかと思います。

 

3、キャスターを小さくしてもスピードを出していくとキャスターがブルブルしてしまいます。

そんな時は、キャスターフォークの軸をちょっと閉め気味にして、回転し辛くしてしまうと言うのも手です!(普段は乗りずらいですが、ブルブル言わなくなりますよ!! マラソン時の超お勧めの設定です。
予断ですが電動車いす6kmなどのスピードでブルブルしてしまう時も普段からこの設定にしておくことをお勧めします、電動にショックアブソーバー付きのキャスターをつけたときなんかは弊社では必須です)

 

4、タイヤ!!

スピナジーホイールとかそれが購入できればそれに越した事は無いのですが(汗)まずは今ついているホイールで!
と言うことで答えは!! タイヤを細めの高圧タイヤに変更しましょう!
以上。

 

5、フレームのリジット化!

普段は折りたたみが出来ないと不便ですがエックスフレームとサイドフレームをタイラップで固定しまくる!!!
フットプレートをジョイントタイプのものにする。 もち手部分なんかに抜きを入れ左右をなるべくくっつける。

とたくさん書きましたが要するに、右と左のサイドフレームがなるべく連動して動くようにカチカチにフレームを固めると言いのです。

 

5、泥除け、肘掛をはずす。

泥除け、肘掛など一生懸命にこぐには邪魔になる事があります。 肘掛が無いと移乗が出来なくなったりプッシュアップしづらくなったりしますので、事前に大丈夫かを確かめましょう。
泥除けがないと洋服とかが汚れてしまったりします。 汚れづらい服装をするとよいと思います。レースですから!レース用の服装で気合を入れれば一石二鳥?

 

7、ブレーキをはずす。

あえて肘掛と泥除けとは別に書いたのですが、これは実は安全面が著しく向上するのです! そして別の意味で安全面が低下もするのです!
と申しますのも、ブレーキは基本的にはタイヤの上に来ています。下のほうに取り付けているとしても頑張って車椅子をこいでいると、ここに指を挟んでしまうと言うケースが多々有ります。腹筋を使える方に多いです。
しかし、一方でブレーキがないと乗り降り時に危険が増してしまったり、いつもついているものだと勘違いしてブレーキが無い事を忘れてしまったりなどリスクが伴いますのでご注意を。

 

規制のブレーキでこんなブレーキも有ります!

シザーブレーキ(松永製作所)

 このブレーキはブレーキを解くとタイヤ上にブレーキが残らないようになってくれます。 上のほうにブレーキが必要な方などには特にお勧めです!

 

8、車軸の前出し

車軸位置の変更が出来る機種と出来ない機種がありますが、より早く走るためには重心が車軸に乗るようにセッティングしたいところ!!
しかし、この設定は後ろに倒れやすくなってしまうので、転倒防止装置が必須です!

 

9、ハンドリム

こぎやすいハンドリムは人それぞれです! ですが、ここを軽量化するとスピードが違ってきます。
たとえば滑り止めのハンドリムコーティングをしているとタイヤが早く回れば回るほどぶれが大きくなります。その場合はチタンやアルミに変えて、滑り止めのついた手袋などで上手にこげるように設定する事をお勧めします。 本格的な手袋だと怪我の防止にもなりますよ!

 

10、介助者用のもち手に関して

写真向かって左はこごうとすると腕が介助用持ち手にぶつかってしまいます。 左はまったくぶつかることは有りません。
普段利用でも左は有効です。移動の時に腕がぶつからないのでゆっくりこぐにしてもロスが有りません。 何かあったときには介助用グリップも有るので周囲の人が何らかの対処がしやすかったりします。
出来れば背パイプよりも後方そして、胴体の幅と同じくらいの間隔の位置に設定したいところです。 子ども用ではそういった形の車椅子も結構有るのですが大人の場合は背パイプと同面に差し込む形のものが多いのでこぎ辛いんですよね・・・。
弊社では、高さ調整式もち手や折りたたみ機構つきのこぎやすい位置に持ってきたもち手オプションを製作しておりますので興味の有る方はご連絡ください。

 

11、無理しない、長い人生です無理なく徐々にタイムを上げていきましょう! そして、コースを理解してから安全計画を立て本気モードでGO!!です!

最後に、マラソン時にも強い車椅子を作る時に注意したいところ。
制度を利用して製作するのですから日常の生活を100%カバーできるつくりが大前提!
そこからいかにレース時にいかに最適化していくかと言うことを心がけましょう。

むしろ日常も120%になってしまうくらいの改造を目指しましょう! 普段使いというと実は今普及している車椅子よりもアクティブに動ける可能性があるんです。 その一つにリジット車椅子なんていうのもあります! 折り畳みが出来ないのでそこは不便です10%減、しかし乗っているときのアクティブさは増します!30%アップしちゃったりします!

今回はそれほどお金のかからないセッティングや改造方法を書いてみました。上を見たらきりが有りませんが限られた予算や環境の中でいかに頑張れるかも色々な刺激になってよいと思っています。
まずはチャレンジ!自分で目標を見つければ自ずと頑張れます。そこからステップアップしていきましょう!

▼タップで通話できます。
電話でのお問合せ ☎01-234-5678 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 快適RACREC
  2. 快適AQURO:雪道、砂利道もスイスイ。アウトドアも楽しめる車椅子パーツ
  3. 豊富な車椅子オプション:おしゃれでオリジナリティのある仕上がりに
  4. 車椅子用ドリンクホルダー:カラーバリエーション
  5. 機能性を追求したカスタム車椅子
  6. シットスキー
  7. COM泉屋オリジナルドリンクホルダー 掘り出し物!(車椅子用)
  8. スポークカバー

最近の記事

ページ上部へ戻る